ブランドのデジタルコンテンツは、各国/各地域のマーケットに適合させることで初めて効果的となります。

訴求されたいブランドエッセンスへの理解と対象マーケットの言語や文化的慣習への適合を前提としているダータワーズだからこそ、ターゲット言語で直接コンテンツを作成することが出来るのです。

支社側からリクエストが発せられる場合は、グローバル戦略に則してコンテンツを作成し、本社-支社間のコンタクトをサポートしながらそれぞれの意図に沿うよう、必要な調整を行います。

言語によっては、たとえばデモンストレーションが好まれたり、フォーマルな言い方が好まれる場合があります。また、長い言い回しが好まれる言語もあれば、その逆もあります。エクスクラメーションマーク(!)の使用が好まれる言語と使用を控える言語もあります。同様に、色の認識やその象徴も文化によって異なります。