ブランドのアイデンティティは、使用する「ことば」にも表れます。

メディア、編集に関する慣行規定、国などによってコンテンツが異なっても、ブランドポジショニングには一貫性がなければなりません。

用語データベースでは、各項目においていくつかの同義語と使用優先順位をつけたり、用語を定義したりすることができます。また、コンテキストに応じた語彙の意味付けを行うことで、その言葉を多義性を理解させることも可能となります。さらに、ブランドにとって不適切な言葉のリストを作成ことも可能です。