デジタルテクノロジーにおける多文化戦略をリードするグローバルデジタルマーケティンググループ、ダータワーズは、ブリュッセルを本拠地とする動画コンテンツエージェンシー「87seconds」の買収を発表します。

急成長を遂げ拡大中の同社は、今回の買収によりダータワーズグループが抱える大規模なデジタルエージェシーの一員となり、国際的な拡大とグローバルなコンテンツキャンペーンの強化が期待されます。

成長と国際的な拡大を促進

87secondsは、この数年間で年間収益の倍増を果たし、5ヵ国に6ヵ所のオフィスを新設しており、強力な成長軌跡を示してきました。ダータワーズの一員となることで、同社は今後も過去数年と同様のペースでの成長が見込まれます。「今回グローバルグループの一員となったことは、継続的な成長、質的生産とデジタルサービスのさらなる発展を目指し、国際的な拡大を追求するうえで、当社にとって完璧なタイミングでした。ダータワーズは、確固たる実績を持つ完璧なパートナーであり、コンテンツ制作の将来について87secondsと同じビジョンを共有しています」と、87secondsの創設者であるティボー・ドゥハン(Thibaut Dehem)は語ります。
 

2000年の創業以来、ダータワーズは、大手グローバルブランドのあらゆるデジタルプラットフォームにおける国際的な戦略を実現するべく、地域に固有の文化に対する理解と技術的な専門知識を融合させてきました。「当社は、コンテンツとテクノロジーにおける多文化戦略を世界規模で展開するグローバルグループへと成長しています」と語るのは、ダータワーズ共同創設者のアレクサンドル・クラゾヴェール。87secondsは、2014年のDigiprod、2018年1月のVanksenに続いてダータワーズグループに加わる3つ目の企業です。
 

つい先日買収により加わったデジタルエージェンシーのVanksenは、コンテンツ制作とオンラインキャンペーンにおける分野を横断した専門知識で、強力なコラボレーションの機会を提案しています。「このグループの一員となることで、当社は、縦割りのサイロ化されたエージェンシーになる危険を冒すことなく、ソーシャルメディア、SEO、ソーシャルデータ、オンラインレピュテーション、戦略的コンサルティング、動画など、非常に広範囲にわたるスキルセットの恩恵を享受できます。当社は引きつづき動画コンテンツ制作に注力し、より大規模なキャンペーン目標へとつなげます。こうした大規模なキャンペーンを当社のクリエイティブな動画コンセプトに基づいて発展させることが、当社の不変的な理念です」と、ティボー・ドゥハンは説明しています。

同じブランド、同じ経営陣

87secondsは、引き続きその社名とブランドのもと活動を続けます。ティボー・ドゥハン、フィリップ・スウィネン(Philip Swinnen)、フランスカントリーマネージャーのヴィオレーヌ・ムーシェ(Violaine Mouchet)、オランダカントリーマネージャーのマーテン・ファン・デル・ワイデン(Maarten van der Weijden)から成る経営陣は取締役会にとどまり、引き続きそれぞれの既存市場と潜在的な新規市場における成長を促進します。ヨーロッパ各地に自律的なエージェンシーを開くという現在の戦略を継続する一方、新たな市場に参入するため、ダータワーズのグローバルなプレゼンスの恩恵も得ることになります。現時点で500名となるダータワーズの社員は、パリ、ルクセンブルク、香港、ソウル、東京、ニューヨーク、ミラノ、バルセロナの主要拠点に散らばります。
 

87secondsをダータワーズグループの一員として迎えることを、大変うれしく思っています。2014年に動画エージェンシーのDigiprodを買収して構築してきた専門知識を、さらに強化することができます。87secondsの急速かつ健全な成長と海外におけるオフィス拡大能力には感銘を受けていました。今回の買収は、グループの国際的な発展をさらに後押しするものとなるでしょう」と、アレクサンドル・クラゾヴェールは述べています。今回の買収は、オランダとベルギー両市場におけるダータワーズのオペレーションの強化にもつながります。
 

これらの市場では、ダータワーズのマネジメントを発端に活気が現れています。創設者が現在でも会社経営に携わっている、起業家的思考を備えたグループは多くありません。私たちは皆、今回の買収が87secondsが世界的なリーディング動画コンテンツエージェンシーになる多くのチャンスをもたらすことに大きな期待を持っており、また実感もしています」と、ティボー・ドゥハンは語ります。

グローバルブランドのためのコンテンツ制作

今回の買収の結果、87secondsは、動画コンテンツを60の言語と様々な文化的特異性に対応できるようになります。各地域の感覚を尊重しつつ、グローバルなキャンペーンを展開することは常にブランドから需要があります。「ダータワーズの多文化的な専門知識のおかげで、とりわけ米国とアジアのクライアントに対し総合的なビジョンを提案して、クローバルなキャンペーンを展開することができるようになりました。これは非常に強力な差別化要因です」と、87secondsのマネージングディレクターを務めるフィリップ・スウィネンは述べています。
 

従来の大規模な広告キャンペーンから、より細分化され対象が絞られたコンテンツに移行していることで、広告代理店と動画コンテンツエージェンシーのようなニッチプレーヤーとの提携が促進されています。ダータワーズのグローバルクライアントは、この非常に特化されたコンテンツ制作に強い興味を示してきました。「ミシュラン、アウディ、ロレアル、セブ、クラランス、モンブランといった一部の大手クライアントは、ダータワーズと同じく、世界中で動画コンテンツ制作の需要が高まっていることに気付いています」と、アレクサンドル・クラゾヴェールは説明します。動画コンテンツがあらゆるオンラインコンテンツ戦略の足場となるに従い、87secondsは、ダータワーズのオムニチャネルと多言語サービスに深く関わっていくことになるはずです。
 

新たな体制となったグループの連結収益は、7,000万ドルを超えました。同グループは、国際的に展開するソリューションとしてのデジタルテクノロジーにおける多文化戦略を活用したパフォーマンスに焦点を当て、強力な世界規模でのデジタルにおける専門知識をベースとした新しいエージェンシーの形の構築を目指します。ダータワーズは、金融パートナーであるCathay Capital、Bpifrance、Keensight Capitalの支援により、現在も他の買収を考えています。「Cathay Capitalは、ダータワーズの新たな成長段階に際し、Keensight Capital、Bpifranceとともに同社の経営支援に携わることができ光栄に思います。ダータワーズは、新しい人材を惹きつけ、独自の独立プラットフォームを提供する新たな能力を獲得し、デジタルコンテンツビジネスの国際化を促進するため、再びその受容力を示しています。ダータワーズは、デジタルプロダクションを補完し地理的な足跡拡大のため、特に北米、ヨーロッパ、中国において、継続して新しい買収を検討していくことでしょう」と、Cathay Capitalのマネージングパートナーであるエドゥアル・モイネ(Edouard Moinet)氏は述べています。