2017 年 11 月

今日においてグローバル化の推進とデジタル施策は、あらゆる産業にとって欠くことのできない要素となっています。

世界の各ターゲット市場に合わせたデジタル施策の推進には、多くの課題が伴います。
 

  • これまでにない人材の増強
  • 分化したアセットに対するニーズの増加
  • アセットの展開に必要なプラットフォーム数の増加
  • 本社と支社、子会社間のコミュニケーション
  • 文化の差異や時差への対応
  • 日々生まれる新しいテクノロジーへの適応

これらは課題のごく一部に過ぎません。

では、こうした課題にどのように取り組めばよいのでしょうか?

 

Datawords Premium Multicultural Digital Factory

ダータワーズでは、こうした課題への対応を目的として設計された独自のプロセスやツールセット、組織編成をご提案しています。ここでは、ダータワーズのクライアントがそれをどのように活用しているか、テクノロジー分野の主要事業者とダータワーズの提携がその拡大にどのように影響しているかについてご紹介します。なお、ダータワーズの提携企業には、Salesforce、Hybris、Adobe、Sitecore、Drupalなどが名を連ねています。
では早速見ていきましょう。

各マーケットニーズに対応するウェブサイトを導入するには、効果的なプラットフォームが必要になります。ダータワーズは、適切なプラットフォームの選択およびセットアップとその管理について、コスメ業界(Benefit Cosmetics、Kiehl’s、Clarins)からラグジュアリー業界(Harry Winston、Dior、Christie’s)、自動車業界およびCPG業界(Michelin、All-Clad、J&J)と多業界に渡り様々な企業様のお手伝いをしています。

 

 

 

ダータワーズは、グローバルに展開させるデジタル・システムの選択について、以下の機能が必須であると考えています。

  • 単一のWebプラットフォーム
  • シンプルかつ明瞭なワークフロー
  • コストの最適化
  • コンピューター支援翻訳(翻訳メモリ、QAチェック)
  • レポーティングツール(ワード数カウント、意味解析)
  • SEO準拠の翻訳(SEO用語集)
  • 完全一体型のコネクター(配信の最適化)

完全一体型のコネクターとして鍵となるのが、ダータワーズが誇る独自開発ツール "Datawords Semantic Portal" です。

 

Datawords Semantic Portalは、コンテンツの管理と展開を、対象となる市場に最適なタイミングで拡大することができるプラットフォームです。このポータルは、あらゆるWebサイト管理システムと接続することが可能なため、世界中の数多くの有名企業様にご利用頂いております。

 

 

ローカライゼーションプロセスには、時間とコストがかかります。
各ローカルが異なったプラットフォームを利用している場合、本社、現地チーム、複数のエージェンシー間で度重なる煩雑なやりとりが生じるのは珍しいことではありません。こうした状況は、コンテンツ展開の遅れとコスト増加につながるため、グローバルチームが世界規模でブランドイメージをコントロールするにあたり大きな問題となります。

 

以下は効果的なローカライゼーションの必要性を示す、鍵となる数字です。

 

  • 各言語に適切にローカライズされているモバイルキャンペーンは、クリック率/コンバージョン率において、英語で配信されるキャンペーンより86%以上効果的
  • ソーシャルメディアでジオターゲティングされた投稿は、グローバル投稿の6倍を超えるエンゲージメントを獲得
  • グローバルeコマースを利用する消費者の73%が、オンラインショッピングで母国語のサイトを希望

 

それでは、なぜダータワーズが世界中の主要ブランドに選ばれ続けているのでしょうか?主な理由は次のとおりです。

  • 拡張性・敏しょう性に優れたアプローチ
  • オンタイムで高品質な納品
  • 90を超える国籍の多言語プロジェクトエキスパートが社内で対応
  • 技術的な専門知識の蓄積と他エージェンシーとの提携

グローバル規模でデジタルアセットとコンテンツを展開する場合、初期段階での全体的な見通しおよび長期的な時間とコストの節約を可能とするプラットフォームの選定が重要になってきます。そして何よりも、対象の市場に最適なメッセージを届けるための知識を持ち、技術的な展開にともなう課題を理解するパートナーとの提携が欠かせません。これこそがダータワーズの専門分野であり、スローガンとしている「e-Multicultural Technologies」の真髄なのです。