ローカライズにベストプラクティスを

Webサイトのグローバル展開プロジェクトに先立ち、多言語でのベストプラクティスを策定することは作業の効率化、そして期限内での納品と品質の担保につながります。

事前にヒアリングを行う目的は、Webサイトがローカライズできる状態にあるのか、グローバル対応に向けて管理や更新のプロセスがコントロールされているかどうかを確認することにあります。

制作の最終段階においてローカライズを行う上で技術的問題の出現など不測の事態が起きたとしても、適切なタイミングで最良の決定をすることで、遅延なくプロジェクトを完遂させることができます。

ダータワーズはお客様のローカライズパートナーとして、複雑に見える課題に対しても明確なソリューションをご提供いたします。

合理的なローカライゼーションのためのサイト評価

多言語サイトの立ち上げで直面する様々な課題に対して、ダータワーズは継続的なメンテナンスや更なるプロジェクトに向けて最善の方法構築に向けてフォローアップを行います。

  • ローカライズプロセスの評価
  • Webサイトの技術的・言語的評価
  • 最適なローカライズフローの提案

多言語展開コンサルティング

ダータワーズは、多言語展開されるWebサイトの開発に関して、ローカライゼーション専門エージェンシーとしての第三者的な観点から外部制作会社様に対して多言語対応に向けたアドバイスをご提供いたします。

続きを読む