ローカリゼーションにベストプラクティスを

Webサイトのグローバル展開プロジェクトの前に、マルチリンガルでのベストプラクティスを考慮することで、メディアのローカリゼーションが容易になり、その結果、開発時間の順守や結果のクオリティにつながります。

事前にコンサルティングを行う目的は、Webサイトがローカリゼーションに対応しているか、国際化に欠かせないコンテンツフローが管理されているかどうかを確認することにあります。

制作の最終段階であっても、マルチリンガルに関する技術的問題が十分予測されていない切迫した状況においても、適切なタイミングで最良の決定をすることで、計画やプロジェクトが救われる場合があります。

ダータワーズは、マルチリンガルパートナーとして、複雑に見える諸問題に明確なソリューションをもたらします。

ローカリゼーションを合理化するために既存Webサイトを監査

初めてのローカリゼーションで課題に直面した場合、ダータワーズがメンテナンスと今後のマルチリンガルプロジェクトの管理を最適化するためにサポートします。

  • ローカリゼーションプロセスの監査
  • Webサイトの技術的・言語的監査
  • マルチリンガルフローの最適化に関する監査